完治のために末期がん治療を知る~タイトル
完治のために末期がん治療を知る~タイトル

ガン患者、医療者、家族関係のあり方とは

末期癌克服への架け橋区切り線
  
末期がん患者と医師の関係

患者と医療者の良い関係とは

 

 
ほとんどの方々が、ガンと闘うときには病院で治療を受けることになります。ここでは、病院の中で患者さんが疑問に思うことなどや医師や看護師などが一体どんな仕事をしているのかということ、わからないことや困ったことがあれば誰に聞けばいいのかということについて記していきます。
 
また現在は、「全て医師任せにするのではなく、患者側も自分の命は自分のものなのだから、自分で治療法や方針を決めたほうがいい」という風潮が医療者、患者さんのどちらの側からも出てきています。医師が治療法についていくつかの選択肢を提示し、患者さんがその選択肢から自分に一番合っていると考える治療を選択し、同意することをインフォームド・コンセントといいます。日本でも徐々に広がってきています。この新しい治療の時代に、皆さんが医師や看護師と良いコミュニケーションをとるにはどうすればいいのかということを説明していきたいと思います。
 

 

 
ガンと診断された場合、誰もが何らかの治療を病院で受けることになります。最近では入院期間も短くなってきましたが、やはり治療に専念する際に入院はつきものです。ここでは日頃馴染みのない病院や、その中で働いている医師や看護師の仕事について説明していきます。
 
 

 
医師の仕事は治療です。治療というのは、完全に治すための根治治療、症状を和らげる対症療法などいろいろありますが、医師の病院における最大の仕事は、患者さんの病気を診断して治療することです。
 
一言に診断、治療といっても、医療行為というのはかけがえのない皆さんの体に何らかの作用を加えるわけですから、非常に厳密に行われなければなりません。検査の結果でも皆さんの主治医だけでなく、いろいろな医師が集まって適切な治療方針をいくつか決めるのです。ひとつの検査結果に対する評価でも、患者さんが知るまでにはたくさんの医師が集まって議論をかわしているのです。これはほんの一例ですが、医師の特徴を表しているといえます。医師はいつも非常に忙しそうにしていますが、それは皆さんに問診をしたり、いろいろな治療をしているよりもずっと長い時間を皆さんの治療法を考えたり、検査の結果について考えるのに費やしているからです。
 
一日に病棟にいる時間が短いので、患者さんの家族ともお会いすることがなく、「手抜きだ」と思われることがしばしばあるようですが、決してそんなことはないということをおわかりいただければ幸いです。何か話したいことがある場合、その旨を言えば、医師は日時を決めて相談に乗ってくれるはずです。
 
 

 
看護の仕事はその名前が既に仕事を表していますが、意外とその実情は知られていません。「看護とは看護る(みまもる)こと」ということです。また、「看」という字は目の上に手を置くという形をしており、これは病人の額に手を当てて発熱の有無を見る看護の基本的な行動を表しています。また、「護」という字には、かばう、防ぐ、保護するなどの意味があります。つまり看護という言葉には、側で見守りながら必要に応じて介抱することが基本という特徴があるのです。また、自分の目の上に手をかざすと、遠くを見渡す格好になります。これは、看護には先を見て、将来起こりうる問題を見据えて対処する役割があることを示しています。
 
看護師は、皆さんが普通に病院で暮らしているときは、身の周りの世話をしてくれるだけの人に見えるかもしれません。しかし、皆さんの精神状態や身体状態を常にきちんと把握しようと、いつも気をつけています。そして、皆さんの体の一部が動きにくい場合にはその機能を把握し、維持、回復を見据えて摂食介助から排泄介助まで何でも介助します。よく「白衣の天使」と呼ばれますが、このように呼ばれるのはやはりこのような「常に見守り、患者さんの必要を満たす」という看護の精神があるからではないでしょうか。
 
 

大阪大学医学部附属病院看護部長・福岡富子先生からのコメント
 
入院して一定の治療を終えられた患者さんは、その後在宅で療養されたり、他の医療機関や施設などで治療を継続されます。
 
最近はおそらくどの病院でも、介護保険の導入、医療機関の機能分化の推進、在院日数の短縮、情報開示など、保健医療を取り巻く状況の変化により、在宅ケアの支援の強化を重要なこととして、整備・充実に努力しています。具体的にどのようなことをしているのかと言えば、病院の機能向上のために、紹介されたり、逆に紹介したりする割合を増やす、チーム医療の観点から診療・看護・ソーシャルワーク的業務などを一元化する、患者さん中心の地域との連携を強化する、つまり治療看護の適切な継続と患者さんおよび家族の生活の質を最大限尊重したネットワーク作りを目指しているのです。
 
現在で